野呂一生/ISSEI NORO INSPIRITS

野呂一生/ISSEI NORO INSPIRITS

野呂一生/ISSEI NORO INSPIRITS

オフィシャルサイト

profile 1957年1月1日東京都出身 星座・山羊座 血液型・A型…
more>  

野呂一生/ISSEI NORO INSPIRITS 1957年1月1日東京都出身
星座・山羊座
血液型・A型

カシオペアのリーダー、メインコンポーザー。また、東京音楽大学の客員教授でもある。
カシオペアの大半の曲を作曲し、「ASAYAKE」「LOOKING UP」「TOKIMEKI」「FIGHT MAN」など音楽史に残る名曲を生み出している。劇昴的で力強く、あるいは流れるような涼美的に溢れるメロディラインとスリリングなリズムアレンジでリスナーを魅了している。

日本全国での数多くのコンサートツアー、海外ではNHKニュース番組「NC9」でも報道されたロンドンでの単独公演を2年連続で成功させたほか、北欧、アメリカ、ブラジル、メキシコ、オーストラリア、東南アジアのツアーを慣行するなど日本を代表するグループとしてその名を知らしめている。共演者も数多く、日本では音楽界の重鎮 服部克久、バイオリニストの葉加瀬太郎、寺井尚子、伊丹十三映画作品の音楽でもおなじみのサックスの本多俊之と彩り溢れるステージを作り上げている。

これまでに6枚のソロアルバム、1作のライブDVDを発表しており、それぞれのアルバムには野呂のアイデアが盛り込まれている(下記参照)。昨年、CASIOPEAドラマーの神保彰(Dr)、扇谷ケント (Key)、箭島裕治(B)、林良(Key)、と共に“ISSEI NORO INSPIRITS”を結成。渾身の力を注ぎ6作目のソロアルバム『INNER TIMES』を制作し、同年、SHIBUYA AXにてお披露目ライブを慣行した。その模様を収めたDVD『REAL TIME』は、野呂のテクニックの健在振りをアピールしている。ライブも好評で、今年2月の六本木STB139では、バンドとしての完成度を高めた素晴らしいライブとなり、ますます多くの期待を集めている。

その他の活動として、パーカッショニスト斎藤ノブ・プロデュースのもとに集まった大人のヴォーカル・バンド Vibes(ヴァイブス)に参加、2枚のアルバムを発表している。こちらには楽曲も数多く提供しており、フジテレビ系列番組「アンビリーバブル」のテーマソングにもなり話題を集めた。また、渡辺香津美との親交も厚く、フォーシーズンズホテル椿山荘東京にてアコギ・ライブで話題を集めた。2005年からは和泉宏隆(Pf)、仙道さおり (Per)らとアコースティック・トリオ“VOYAGE”を展開させた。
最新プロジェクトとしては、天野清継とのアコギ・デュオ“お気楽ギグ”を昨年からスタートさせ、今年4月に広島・神戸・名古屋、10月には近畿・中部・東海・関東での演奏を予定し、その範囲を徐々に広げ、野呂の新たなライブ・スタイルで全国を沸かせつつある。
また、現在CASIOPEA初代ベーシスト櫻井哲夫と、“PEGASUS”というユニットを組み全国17カ所でライブを展開中だ。

これからも音楽的な様々なジャンルを大きく包み込む幅広い才能で、他のアーティストのプロデュース、楽曲の提供、スタジオワークと積極的に取り組んでいこうとしている。

====================
【ISSEI NORO INSPIRITS】

●野呂一生(Guitars)
●神保 彰(Drums)
●箭島裕治
(Basses)
●扇谷研人(Pianos)
●林 良(Keyboards)


■神保 彰

1959年、東京都出身。
カシオペアでプロデビューして以来、四半世紀の長きにわたって常に音楽シーンの最先端を走り続けるトップドラマー。
ミディードラムトリガーシステムを駆使した、ワンマンオーケストラとでもいうべき独自の演奏スタイルを編み出す。
驚異的な演奏テクニックとモダンテクノロジーの融合によるパフォーマンスは見る者を圧倒し、その評価は国内はもとより、広く全世界に轟いている。
1999年、英ドラム誌 “RHYTHM”読者人気投票第2位。
2000年、世界で最も権威あるドラム専門誌である、米“MODERN DRUMMER MAGAZINE”が6月号の表紙に神保を起用し、10数ページにわたる特集を組む。
2003年、創刊20周年を迎えたリズム&ドラム・マガジンが初めて行なった読者人気投票において、堂々の一位を獲得。
2007年、ニューズウィークの特集「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。



■箭島裕治

1973年大阪府出身。
16歳でベースを手にする。
大学中退と前後してジャズ系のライブを中心にプロ活動を開始。
2000年にピアニスト林正樹,ドラマー岩瀬立飛と共にジャズピアノトリオ”宴(うたげ)”を結成,2008年迄に3枚のアルバムをリリースしている。
現在はジャズ・ファンク・ユニット”Child”を主宰する傍ら,中路英明 (tbn) オバタラ・セグンド,横山達治 (per) ラ・パシオンに参加。またセッションでも中西俊博 (vln) ,エリック宮城 (trp) 他多数のミュージシャンと共演,多岐にわたるスタジオワークにも参加。



■扇谷研人
1974年札幌出身。
98年以降様々なアーティストのライブ、レコーディング、作・編曲に携わる。
2003年よりオルケスタ・デ・ラ・ルスに参加、アルバム「iBANZAAAY!」、自作曲「ARCO IRIS」や、NYライブをおさめたDVD「SALSA FOR PEACE」のリリース、アメリカ・ヨーロッパ・カリブなどでの数々のツアーなどで活動。
2007年同バンドを退団しソロ活動を本格化。
電子音を織り交ぜたピアノ主体の楽曲に多様な要素を北国的センスで独自の世界に昇華。
2008年2月16日 1st solo album 「From The Country」 リリース。
2006年櫻井哲夫・本田雅人birthday liveでの野呂一生との共演からこのアルバムへの参加が決定。



■林 良
1973年、鳥取県出身。
5歳よりオルガン、7歳からエレクトーンを習う。
’97年、昭和音楽大学作曲学科電子音楽コース卒業後、和泉宏隆氏に師事。
’01年”野呂一生&SWEET BROTHERS”のメンバーとなりツアー、レコーディングに参加。
’01年6月には女性ボーカルとのポップスユニット”organs cafe‘”でメジャーデビュー。5枚のシングルと5枚のアルバムを発表。
’04年公開の映画「ULTRAMAN」では音楽を一部担当。現在はポップス系のライブサポート、作編曲を中心に活動。韓流シンガーのRyu、John-Hoonのライブやアレンジも担当。スムースジャズ系バンド”Evergreen Jam”にも参加。また昭和音楽大学ポピュラー音楽コースの講師も務める。