古澤 巖

1959生まれ。内外のコンクール優勝後、1986年に葉加瀬太郎と新しいステージ創りを始め現在に至る。
ヨーヨー・マ、ミハイル・プレトニョフ、ペーター・ダム、アサド兄弟、高橋悠治、ステファン・グラッペリ、フジコ・へミング等と共演。現在はビオラ・ダ・ガンバの武澤秀平にバロックを師事。2013年よりベルリンフィル・メンバーとのツアーを毎年行い、イタリアの作曲家マリーノとのコンチェルトは第6番迄完成している。
ダンスとの共演番組、TV東京(水)「Dの旋律」放送中。またTVK「イチカイチエ」、RKB「新・窓を開けて九州」、FMラジオ「JET STREAM」テーマ曲を担当。
宗次コレクションより最高額のストラディバリウス「サン・ロレンツォ1718」を生涯貸与。
最新アルバムはTAIRIKプロデュース「品川カルテット」を含む『The Ecstasy of Gold』(HATS)。
年間150公演を行い、コルシカ音楽祭メンバー、洗足学園音楽大学客員教授、COCO FARM WINERY取締役、テラモスレーシングチーム所属。趣味はサーフィン。

※古澤巖のアーティスト名表記を、2020年5月13日アルバムの発売を機に、下記の様に変更しました。
   巌 (旧) → 巖 (新)